ほうれい線を消したい!そんな願いを叶えるリフトアップ法

ほうれい線を消したい!そんな願いを叶えるリフトアップ法

年齢を感じさせるシワとして注目して欲しいのが、”ほうれい線”になります。

 

頬を深く刻みつけるようなほうれい線に対して嫌気を感じている方も実際に少なくありません。

 

もちろん対策はできます。

 

こちらでは、ほうれい線対策になるリフトアップ法を紹介するので参考にしてくださいね。

 

ほうれい線はかなり深く刻みつけられている場合もあります。

 

リフトアップ対策を行ったからといって直ぐに効果は出ないかもしれません。

 

しかし、根気良く続けるのがお勧めです。

 

1周間や2週間ではなく、数ヶ月単位で実施してくださいね。

 

「継続は力なり」です。

 

■日焼けをしないように注意すること

 

ほうれい線ができる原因としては、紫外線による影響があります。

 

若い時に、紫外線をたくさん浴びてしまうと、お肌の内部が傷ついてしまい、結果的にたるみやすくなってしまうのです。

 

まずはこれ以上たるまないようにすべきです。

 

日常生活において、できるだけ日焼けに気をつけて生活してください。

 

帽子や日傘、さらにUVカット系のクリームを利用することで、大きな効果を得られるケースも有ります。

 

日焼け対策をしたからといってすぐにほうれい線がなくなるわけではありません。

 

しかし、悪化しにくくなりますし、肌の修復機能が戻ってくることでたるみが改善される可能性も少なからずあります。

 

■頬を温めてほうれい線を消す方法

 

世界一受けたい授業で紹介された方法なので知っている方もいるかもしれません。

 

実は、とっても簡単にほうれい線が消せる方法があるのです。

 

・42度のお湯とタオルを用意する
・そのお湯で洗顔を3分間ほど行う
・洗顔後42度のお湯で温めたタオルで顔の肌を2分間保温する

 

以上の方法になります。

 

結果的に合計5分間保温するわけですが、いわゆる”ヒートショックプロテイン”と言った作用を利用する対策法です。

 

顔の筋肉に影響を与えてコラーゲンの生成を促進させる、といった方法になります。

 

回数としては1日朝と夜の2回がオススメです。

 

ただ、お湯で洗顔することになるので皮脂を取り過ぎてしまうケースもあるので注意してください。

 

乾燥状態にするとかえってお肌を痛めてしまいかねません。

 

こちらの方法を行ったあとは、化粧水などで顔の保湿を行いましょう。

 

■ほうれい線対策用意グッズを利用する

 

・ほうれい線エキスパンダーでシワを撃退する

 

強制的に肌を持ち上げる状態を作り出す、マスクのようなものになります。

 

1日あたり10分程度利用することで、リフトアップ効果が出てほうれい線が消えるとのことです。

 

価格的にもそれほど高くないので、一度試してみるのもいいかもしれません。

 

テレビをしながら、ほうれい線エキスパンダーを利用することも可能なので大いに活用できるはずです。