紫外線で顔はどんどんたるむ|おすすめ対策法とは

紫外線で顔はどんどんたるむ|おすすめ対策法とは

紫外線はお肌に大きな影響を与えてしまいます。

 

実は、たるみにも大きな影響をあたえることが分かっているのです。

 

こちらでは、お肌のたるみと紫外線の関係性、さらに紫外線対策法について詳しく解説します。

 

たるみを気にしている方は必見ですよ。

 

 

■紫外線によって顔がたるむメカニズム

 

・肌のコラーゲンが紫外線によって破壊されてしまう

 

お肌の中には大事な成分としてコラーゲンがあります。

 

お肌のハリにも大きく関わっています。

 

赤ちゃんの時が最も多く、年令を重ねるごとにどんどんと減ってしまう物質であることでも知られていますよね。

 

そんなコラーゲンですが、プルプルの若い肌には欠かせません。

 

若さを象徴させる物質でもあるわけです。

 

そんなコラーゲンが、実は紫外線によって影響をうけることが分かっています。

 

お肌に紫外線が当たると、肌の内部まで影響を受けます。

 

お肌の内部に存在しているコラーゲンを破壊してしまいます。

 

破壊されたコラーゲンは消滅してしまい、お肌のハリがなくなってしまうのです。

 

その結果、お肌のたるみ、といった症状が生まれてくることになります。

 

ちなみに、コラーゲンに関してはストレスを受けることでも破壊される事が分かっています。

 

ストレスの多い生活をしている方のお肌はたるみやすいので、十分に対策を練る必要もありますよ。

 

定期的にストレス解消をしましょう。

 

ストレス解消ができれば、お肌も健康になりやすくなります。

 

例えは、肌トラブル、といったことも起きにくくなるんですよ。

 

 

■顔をたるませない!有効的な紫外線対策法とは?

 

・日焼け止めの定期的な利用がおすすめ

 

紫外線の影響を受けないためには、日焼け止めを効率的に利用する他ありません。

 

日焼け止めを利用すれば、お肌に強い影響を受けないで済むようになるのです。

 

ただ、問題は日焼け止め自体にも刺激がある、といったことです。

 

特に、強い効果のある日焼け止めは、お肌に対する影響が強く、炎症などの肌トラブルを招きかねません。

 

肌トラブル自体がたるみにも大きな影響を与えてしまうことも有るので注意して下さい。

 

普段の日焼け止めの利用ですが、基本的に効果の弱いもので構いません。

 

ただ、1日中ずっと外にいる、といった場合であれば、強めの日焼け止めがおすすめです。

 

ケースバイケースによって日焼け止めを使い分ける、といったことが重要なのです。

 

もちろん、日焼け止めと帽子や日傘などの併用も忘れないで下さいね。