顔のたるみの原因って何?〜なぜ顔はたるむのか〜

顔のたるみの原因って何?〜なぜ顔はたるむのか〜

顔のたるみを気にしている女性は少なくありません。

 

容姿にも大きく関わってくるので、対策しましょう。

 

そこで対策を立てるときに考える必要があるのが、たるむ原因です。

 

原因を知らなければ対策の立てようもありません。

 

こちらでは顔のたるみの原因について詳しく解説します。

 

基礎知識となりますが、必ず知っておいてほしいことなので、美容に興味のある女性は必見です。

 

■肌の弾力が低下してしまう

 

・年令によって肌の弾力には下がる

 

若い時には、たるむなんてことは殆どなかったと思います。

 

肌には弾力といったものがあり、その弾力があるときはたるみといったものは無縁です。

 

しかし、年齢が高くなるとどうしても弾力がなくなります。

 

その結果、顔のたるみ、といったものが出てきてしまうのです。

 

・肌の弾力がなくなってしまうメカニズム

 

肌の真皮層には様々な成分があります。コラーゲンやヒアルロン酸、エスラチンなどがあり、それらが豊富にある状態ではたるみといった症状は起きにくいです。

 

それらの成分が減少してしまうのは、まずは年齢です。

 

加齢によって少しずつ減少して、例えばヒアルロン酸に至っては40代で赤ちゃん時代の半分になってしまうことがわかっています。

 

紫外線や乾燥が影響していることもあります。

 

特に紫外線には気をつけましょう。

 

紫外線は、真皮層まで届いてしまうのがわかっています。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、エスラチンを作り出している細胞を傷つけてしまうことがあるのです。

 

紫外線対策をすることが、顔のたるみ予防にもなります。

 

■筋肉が衰えている

 

体の筋肉も年齢とともに少しずつ衰えてしまいます。

 

それは仕方のないことでもあります。

 

顔には2つの筋肉があります。

 

・表情筋
・深層筋

 

両方ともたるみには大きな影響を及ぼしていることがわかっています。

 

ちなみに顔の筋肉の衰えには個人差がかなりあります。

 

普段から顔の筋肉を鍛える運動をしていると、ある程度はたるみを改善できるので注目です。

 

おすすめの運動法は、口角を上げるようなものです。

 

笑っているような表情を、一定時間続けてみてください。

 

すぐに効果が現れるわけではありませんが、少しずつ筋肉が鍛えられ、たるみにくくなりますよ。

 

■姿勢の悪さがたるみに影響を与えてしまっている

 

・猫背になっていませんか?

 

うつむき加減で生活している方は、たるみができやすいので注意してください。

 

猫背になっていると、いつもうつむき加減です。

 

頬が下を向いてしまうので、たるみが助長されるので気をつけましょう。