気になる!たるみの原因は遺伝って本当なの?

気になる!たるみの原因は遺伝って本当なの?

お肌にたるみが出来る原因については、「遺伝」を上げる専門家がいることも確かです。

 

こちらでは、たるみと遺伝の関係性を詳しく解説します。

 

遺伝であるならば、事前に自分がたるみやすい、といったことも把握できますよね。

 

より早く予防対策を実施できるわけです。

 

 

■肌質と遺伝のアンケート結果について

 

【あなたの肌質は遺伝と関係があると思いますか?】
・肌質が遺伝していると思う・・・88.1%
・肌質は遺伝していると思わない・・・11.9%

 

圧倒的に多くの方が、肌質は遺伝する、と考えていることが分かりました。

 

【どんな部分が遺伝していると思いますか?】
・シワができやすい・・・28.2%
・乾燥肌なところ・・・28.2%
・シミができやすいところ・・・28.2%
・目元がたるみやすい・・・27.6%
・ほうれい線ができやすい・・・27.0%
・二重あごになりやすい・・・26.4%
・くすみやすい・・・21.5%

 

※複数回答あり

 

シワや目元のたるみ、ほうれい線、二重あごに関して旗類が大きく関わっています。

 

この結果を見ると、実際に多くの方が肌質の遺伝の中で、たるみが大きく関わっている、と感じていることが分かります。

 

 

■肌質が遺伝するメカニズムとは?

 

・テロメアが遺伝に影響していると思われる

 

テロメアとは、細胞に存在している染色体にあるものです。

 

そのテロメアは分裂するごとに短くなっていくことが分かっています。

 

そして短くなってくるとシワやたるみに大きな影響が出てくることが分かっているのです。

 

テロメアの長さですが、10代から20代くらいまでは一定の長さを誇っています。

 

30代くらいになると下がってきて、40代や50代になると急落してしまうのです。

 

コレは、年齢とともに必ず起こってしまう自然現象なのです。

 

遺伝との関係性ですが、元々のテロメアの長さが関わっているのではないか、といったことが考えられるのです。

 

テロメアの長さは誰でも一定ではありません。

 

20代であったとしても、40代や50代の人と同じ長さであることもあるのです。

 

ですから、シミやシワ等ができやすい方は、もともとのテロメアが短いと考えられるのです。

 

そして、その短さは遺伝によって影響を受けているのではないか、といった仮説が立てられています。

 

前述したように、実際に肌質は遺伝する、と考えている方も多い実態があります。

 

最近では、肌の状況を検査できるキットなども利用できるようになりました。

 

検査して、どんな対策をすればいいのかを考えるわけです。