ビタミンC化粧品はコラーゲンを生成してくれる!

ビタミンC化粧品はコラーゲンを生成してくれる!

リフトアップを達成するためには、お肌のハリをアップさせることが必要になります。

 

お肌のハリのアップ、といえばコラーゲンが重要になってくるわけです。

 

しかし、コラーゲンを生成させる、といったことは簡単なことではありません。

 

とくに注目して欲しいのが、年齢を重ねるたびにコラーゲンは減ってしまう、といった事実です。

 

ですから、何としてでも対処しなければならないのです。

 

こちらでは、そんなコラーゲンの生成とビタミンC化粧品の関わりについて詳しく解説します。

 

 

■ビタミンCはコラーゲンにどのように関わっているのか?

 

・コラーゲンの生成に必要不可欠なのがビタミンC

 

コラーゲンはコラーゲンのある食材を摂取したらコラーゲンになるわけではありません。

 

コラーゲンはそもそも体内で生成されているのです。

 

仮に、フカヒレのようなコラーゲンの多い食材を食べたとしても、一度体内でコラーゲンが分解され、再構築されます。

 

その再構築される時に必要になってくるのがビタミンCなのです。

 

コラーゲンの再構築や生成全体に関わってくるのがビタミンCであり、仮に体内に足らなくなってしまうと、コラーゲンの生成量が少なくなります。

 

その結果、お肌のハリが失われ、シミやシワの原因になってしまうのです。

 

 

・そもそもコラーゲンの材料って何?

 

コラーゲンの主原料はアミノ酸です。

 

しかし、アミノ酸だけがあっても意味が無いのです。

 

それを結合させるためにも、ビタミンCが必要になります。

 

ビタミンCですが、問題は食べることで体内に入れるのか、化粧品でお肌に直接補給するのか、どちらがおすすめなのか、といった問題があります。

 

実はどちらも効果的、と言われているのです。

 

体内に入れるビタミンCとしては、野菜やフルーツなどの食材がお勧めです。

 

お肌の直接補給する場合には、化粧品などを有効活用しましょう。

 

 

■良いビタミンC化粧品の特徴とは?

 

・ビタミンC誘導体を使っていること

 

ビタミンCですが、特に注意して欲しいのが劣化です。

 

単なる、ビタミンC配合の化粧品だと、ビタミンC自体が劣化しており、ほとんど機能してくれないのです。

 

そこでおすすめになるのが「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンCを機能的に高めています。

 

・劣化しにくい
・浸透力がある

 

といった特徴があり、化粧品として含まれていても、長期間機能を発揮し続けてくれるわけです。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品もどんどんと増えてきており、身近になりました。