リフトアップ効果を得たい|表情筋を鍛えるのは効果てきめん!

リフトアップ効果を得たい|表情筋を鍛えるのは効果てきめん!

年齢を感じさせるのが、お肌のたるみです。

 

ほうれい線のあたりに、どうしてもたるみが出てしまうわけです。

 

いわゆるブルドックのような状態になってしまうこともあります。

 

そんな状態は、どうしても避けたいものですよね。

 

そこで注目して欲しいのが、リフトアップ効果を効率的に得る、といったものです。

 

確かに、さまざまなリフトアップ術が考案されています。

 

しかし、どれも効果が一緒なわけではありません。

 

効果が高いものもあれば、それほど高くないものもあります。

 

こちらでは、よりリフトアップ効果が高いとされる表情筋の鍛え方について詳しく解説します。

 

 

■表情筋のトレーニングをする前に準備をして効果を高めよう

 

・表情筋をほぐすこと

 

我々はほとんどの表情筋を使っていません。

 

ちなみに、日本人は外国人と比べて表情筋を使っていないことが発覚しています。

 

欧米人は、表情筋の60%ほどを使っていることでも知られているわけですが、日本人は20%から30%しか使っていません。

 

そんな我々の表情筋は動かしていないので、凝り固まってしまっているのです。

 

凝り固まっている状態で表情筋のトレーニングをしても意味がありません。

 

まずは顔の筋肉を軽く動かしてほぐして下さい。

 

そして指の腹を使って、表情筋のマッサージを軽く行うのです。

 

本当に軽くで構いません。

 

頬に指をおいて、前後左右に動かす感じです。

 

それだけでもほぐれるので、表情筋も動かしやすくなりますよ。

 

 

■おもいっきり笑ってみるべし

 

・微笑ではダメ、爆笑してみよう

 

自分を開放するかの如きイメージで、大笑いして下さい。

 

声は出さなくても良いので、とにかく顔を思いっきり変えてしまう感覚です。

 

顔を大きく変化させることで、顔全体の筋肉が動くわけです。

 

今まで動かしていなかった筋肉にも刺激が与えられ、表情筋が鍛えられることになります。

 

その結果、リフトアップ効果が得られるわけです。

 

 

■ペコちゃんの表情をしてみよう

 

・ペコちゃんお顔真似をしてみるべし

 

不二家でお馴染みのキャラクターに「ペコちゃん」がいますよね。

 

彼女の表情を真似して下さい。

 

ペコちゃんの顔は、

 

目線を斜め上にする
舌をぺろっと出す

 

といったことを行っています。

 

目線と舌の出す位置を左右両方とも行って下さい。

 

顔の両側を効率的に鍛えあげることが出来ます。

 

そもそもペコちゃんのような表情は普段しませんよね。

 

だからこそ高い効果が得られるわけです。