リフトアップの注意点|間違ったマッサージは逆効果

リフトアップの注意点|間違ったマッサージは逆効果

リフトアップの方法は様々あります。

 

自己対策方法なども実際にあるわけです。

 

特にリフトアップ関連のマッサージ法などもありますよね。

 

そのリフトアップのマッサージですが、間違ったものを行ってしまうと大変なことになってしまうかもしれません。

 

こちらで詳しく解説しますね。

 

リフトアップマッサージを自己流で行っている方は必見ですよ。

 

 

■強くマッサージするのが厳禁!

 

・お肌を痛めてしまう

 

お肌の奥にあるツボを押すために、強くマッサージする方も少なくありません。

 

確かに、強く押したほうが痛さも感じますし、ツボを押している、なんて感覚も味わえますよね。

 

しかし、注意しなければいけないことがあります。

 

強くマッサージをしてしまうと、お肌の組織を痛めてしまうのです。

 

お肌の深部まで痛めてしまうようなことがあれば、それがお肌の劣化につながってしまうのです。

 

シミやシワの原因になることもあります。

 

強くマッサージすることで、お肌に色素沈着が起こってしまうこともあるのです。

 

また、お肌が傷んでしまうことで、かえってたるみが出てしまいます。

 

リフトアップのためにマッサージをしたのに、これでは逆効果ですよね。

 

リフトアップのマッサージをする場合には、優しく行って下さい。

 

ツボを刺激する場合ですが、強く押す必要はありません。

 

ちょっと痛気持ち良さを感じる程度にセーブしてやることが大事なんですよ。

 

 

■美顔器の利用し過ぎにも要注意

 

・美顔ローラーの利用時間に気をつけること

 

美顔ローラーが大ブーム状態です。実際に多くの方が、時間を見つけては美顔ローラーを利用しています。

 

しかし、あまりに長く使ってしまうと、逆効果になります。

 

美顔ローラーもお肌にとってはかなりの刺激が与えられてしまうのです。

 

皮膚の組織にダメージが与えられてしまい、シミやシワを加速させてしまうかもしれません。

 

美顔ローラーに関しては、1日あたり10分程度に限定して下さい。

 

また、強くお肌に押し付ける、といったこともしないで下さい。

 

お肌の上を軽くコロコロさせる、といったイメージが大切なんですよ。

 

美顔ローラーを利用するときには、ストップウォッチなどを片手に行うのもおすすめです。

 

長くやれば良い、といったものではありません。

 

利用し過ぎにも注意して、リフトアップ効果を確実に得ましょう。

 

ちなみに安価な美顔ローラーは粗悪品も多く、お肌を傷つけやすいです。

 

ある程度作りがしっかりとしたものを利用して下さいね。