顔のたるみのサインチェック法を教えます!

顔のたるみのサインチェック法を教えます!

自分の顔を毎日観ていると、変化を感じませんよね。

 

たるんでいるのか、たるんでいないのかもわかりにくくなってしまうのです。

 

そこで注目して欲しいのが、顔のたるみのサインをチェックする方法です。

 

チェックできれば、たるんでいるかも分かりますし、早期治療も出来ます。

 

こちらでは、自分の顔のたるみを確認する方法について詳しく解説します。

 

 

■ほうれい線からたるみをチェックする

 

・最も分かりやすいチェック方法

 

ほうれい線については、あるからたるんでいる、といったわけではありません。

 

若い時からほうれい線がある方も少なくないのです。

 

問題は、若いころと比べて濃くなっているのか、といったことです。

 

今の自分の顔と20代前半の時の写真などで比べて下さい。

 

ほうれい線が濃くなっていなければ、特にたるみの書状は出ていない、と判断できます。

 

一方で、ほうれい線が明らかに濃くなっている場合には、顔にたるみの症状が出ている可能性が高いです。

 

この辞典では手遅れになっていることも有るので、定期的なほうれい線のチェックをおすすめします。

 

微妙に濃くなっている時点で対策を行えば、早い段階でたるみが解消できるかもしれません。

 

 

■顔が大きくなってしまった

 

・フェイスラインの乱れをチェックしよう

 

エラの部分やアゴなどの部分に変化が起きていると、顔が大きく見えることがあります。

 

顔のたるみは、二重あごなどの症状としてあらわれれることもあるのです。

 

特にリンパの流れが悪くなっている方は、たるみの症状が現れやすく、顔の大きさが変化しやすいです。

 

若い時から比べると明らかに顔が大きくなった、といった症状が見られた場合には、早急にたるみ対策を行って下さいね。

 

 

■口角が下がってしまった

 

・口元にたるみが発生している

 

口元の表情筋は弱ってしまいやすいので、口角に影響は出やすいのです。

 

若い時と比べて口角が下がり気味である、といったことを感じているのであれば、たるみの影響が出始めている可能性が極めて高いです。

 

口元のたるみに関しては、表情を豊かにしたり、表情筋トレーニングをすると効果が出る可能性が高いです。

 

積極的に実施して下さいね。

 

 

■目の下にくまが出来るようになった

 

・目元のたるみが出ている可能性あり

 

若い時はクマができていなくても、年齢を重ねるとくまが出来てしまうケースが多いのです。

 

これはたるみの影響にほかなりません。

 

目元のリフトアップといったことが重要になります。

 

特に目は年齢を感じさせるので、早めの対処がおすすめですよ。